工法紹介(積雪対応型ハイジュールネット)

  1. ホーム >
  2. 工法紹介 >
  3. 積雪ハイジュールネット

積雪対応型ハイジュールネット

ハイジュールネットが積雪地方に設置された場合、斜面からの雪圧を直接受けることとなります。柔軟な構造のため、雪荷重に対してどのような挙動を示すか、実際に実験を行いました。積雪地域に実物大の供試体を施工し、ハイジュールネットの各ケーブルに作用する荷重を計測すると共に、ブレーキエレメントおよびシステム全体の強度を確認し、必要に応じた積雪対策を目的とする積雪対応型ハイジュールネットの開発をしました。

積雪型の仕様

  

ハイジュールネット実証実験供試体

  

山形県金山町(北向き斜面 勾配=45度)
積雪対応型ハイジュールネットを5m×3スパン設置する。

構成部材一覧表

項目 仕様
柵タイプ 1000kJ
有効柵高 3.0m
支柱間隔 5.0m
ケーブルネット 縦3.5m×横5m×3枚
網目200mm×200mm
7×7 φ9(外周φ10)
金網 φ2.6×50×50
継ロープ φ12 FC6×S(19) AZ/O
保持ケーブル φ18  IWRC6×S(19) AZ/O
上部ケーブル φ20  IWRC6×S(19) AZ/O
下部ケーブル φ20  IWRC6×S(19) AZ/O
サイドケーブル φ20  IWRC6×S(19) AZ/O
アンカー PC鋼棒B種1号
ブレーキエレメント BE18/1.5×1.25 シングルループ
BE18/2.5×1.25 ダブルループ
 

実証実験の動画はこちら